妊娠中の新型コロナワクチン接種 効果や危険性について

妊娠女性の画像
除菌消毒

今年から日本でも新型コロナワクチンの接種が始まり、徐々にですが接種を受けた方の割合が多くなってきたように感じます。ただ、一部の方はワクチン接種による人体へのリスクを考え接種を避ける人もいるようです。今回はそんな中でも妊婦の方向けに、ワクチン接種による効果や危険性について説明します。

目次

  1. 従来のワクチンとは
  2. 新型コロナワクチンとは
  3. 妊娠中のワクチン接種の影響
  4. 妊娠中の重量化リスク
  5. 妊娠前、出産後の危険性
  6. ワクチン接種後の注意点
  7. 最後に

従来のワクチンとは

従来のワクチンは主に2種類あり、「不活化ワクチン」と「生ワクチン」があります。それぞれのワクチンについて説明します。

不活化ワクチン

不活化ワクチンは感染力を失わせた病原体から製造されたもので、接種するとその病原体に対する免疫が体の中で作られます。代表的な例として、インフルエンザワクチンがあります。不活化ワクチンの接種は妊娠中であっても問題なく接種可能です。妊娠中のインフルエンザへの感染は重症化リスクが高いため可能な限り接種することが推奨されています。

生ワクチン

次いで、生ワクチンについてですが、生きている微量の病原体を接種し体の中で免疫を作ります。代表的な例は風疹やおたふくで使用されます。この生ワクチンは、不活化ワクチンと違い妊娠中の接種は控える必要があります。

新型コロナワクチンとは

ワクチンの画像
新型コロナワクチンは上記で説明した従来ワクチンである「不活化ワクチン」や「生ワクチン」どちらとも異なり「メッセンジャーRNAワクチン」と呼ばれる全く新しいタイプのワクチンです。現在はファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社の3つ会社がワクチンを製造していますが、ファイザー社とモデルナ社がこのメッセンジャーRNAワクチンを製造しています。このワクチンは接種するとすぐに分解が始まるためウイルスの免疫を作る以外に人体に対して影響を及ぼすことがありません。また、更なるメリットとして、大量生産に向いているため現在でも数多くの人が接種を受けることができています。

妊娠中のワクチン接種の影響

新型コロナワクチン接種による有効性はかなり高く約95%の確率で発症を低減させるというデータが出ています。しかし、この数字には妊婦さんが入っておらず実質的に妊婦さんに同様の有効性があるとは言えません。ただ、メッセンジャーRNAワクチンの根本の仕組みを考えるとこのデータと限りなく一致すると考えられらため一般の方と同様の効果が期待できると言えるでしょう。もし心配であればお近くの病院、産婦人科へ問い合わせし、判断を仰いでみてもよいでしょう。

妊娠中の重量化リスク

妊娠中のワクチン接種に関しては、ご自身の体のことやお腹の中の赤ちゃんへの影響を考え、躊躇してしまう方も多いと思います。少数ではありますが実際、副反応がでる方もいらっしゃいます。しかし、妊婦さんが新型コロナウイルスに感染してしまうと、妊娠していない同世代の女性と比べ重症化するリスクや死亡率が2~3倍程度へ高まるというデータも出ています。私たちはこのワクチン接種によるリスクと感染によるリスクを両方考え、接種の可否について判断する必要があります。妊婦さんの体調や基礎疾患があるかないかなどでも状況が変わってくる可能性があるため医師と相談の上判断するのがよいでしょう。

妊娠前、出産後の危険性

妊娠前

このコロナ渦の中、妊娠を検討している方もワクチン接種による妊娠への影響を気にするかもしれません。具体的な臨床試験はまだですが、メッセンジャーRNAワクチンの仕組み上、精子や卵子に影響を及ぼすことはないと考えられており、直接的には妊娠に悪影響がないとされています。そのためワクチンによる影響を考え、妊娠を諦める必要は一切ありません。

出産後

出産後、授乳する場合に関しても一般の方と同様接種しても問題ないとされています。ワクチン接種後の授乳の際は赤ちゃんにワクチンの成分が流れる可能性はないと言われており、万が一、ワクチンが赤ちゃんに移ったとしても赤ちゃんに対し特段悪い影響はありません。

ワクチン接種後の注意点

妊婦さんが新型コロナワクチンを接種する時には副反応に注意が必要です。極めて少数ですがアナフィラキシーショックを引き起こす方もいるようです。原因はまだ解明されてはいませんが、男性より女性の方が副反応、アナフィラキシーショックが出やすいようです。そのため妊婦の方は接種後30分は病院内で安静に待機し、体調に異常を感じた場合はすぐに近くの医師に連絡するようにしましょう。

最後に

今回は妊娠中における新型コロナワクチン接種の効果と危険性について説明しました。新型コロナワクチンは従来のワクチンと違いメッセンジャーRNAワクチンと呼ばれ、仕組み上、人体への影響はないようです。それは妊娠中であっても一般の方同様に有効とされています。ワクチン接種に関する注意点としては副反応が起きる場合があるため、妊娠中の場合には30分は安静に待機することが大切であり、万が一体調に不具合が生じた場合には近くの医師にすぐ連絡するようにしましょう。

*ワクチン接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、ワクチン接種を判断しましょう。

関連記事 こちらも記事もおすすめ