蜂駆除・蜂の巣予防はスプレーがおすすめ?!蜂駆除スプレーの使い方と注意点

2019年10月4日 ハチ

蜂や蜂の巣を見つけたら、まず思いつくのがスプレーを噴射して駆除する方法です。蜂駆除用のスプレーはホームセンターなどで購入できますし、一般の方でも場合によっては駆除することが可能です。しかし、蜂駆除スプレーを使った蜂や蜂の巣の駆除は、適切な方法で行わないと大変な目に遭う可能性があります。ここでは、スプレー駆除が効果的な蜂の種類や、どういった蜂駆除スプレーを選ぶのが適切なのか、蜂駆除スプレーの使い方についてご紹介します。

蜂駆除スプレーが効果的な蜂の種類と見分け方

一般の方が誰でも蜂駆除を安全に行えるか?というとそうではなく、攻撃性のある蜂に対しては近づくこと自体が危険です。まずは、スプレーが効果的な蜂の種類と巣の見分け方についてご紹介します。

蜂スプレー注意!スズメバチは業者に依頼しよう

スズメバチの巣の形状はとっくり状で表面に縞模様があります。スズメバチの体はオレンジ色です。スズメバチは性格がどう猛なため、一般の方による駆除はおすすめできません。蜂スプレーを使った場合、驚いたスズメバチが襲い掛かってくる可能性もあります。スズメバチの駆除は専門業者に依頼しましょう。

ミツバチはケースバイケース

ミツバチは樹木の空洞や屋根裏、墓などの隙間に巣を作ります。ミツバチは他の蜂に比べて体が小さく太め、巣は平面で巣板が垂れ下がったような形をしています。ミツバチは温厚な性格なためまず人間を襲うことはありません。ハナバチとも言われ花や果樹の育成など自然のサイクルに貢献している蜂です。ミツバチは年々減少しています。
ミツバチの巣を発見した場合、巣の作り始めなら自分で駆除することができます。ただし、ミツバチは温厚な性格といっても人間が攻撃していると判断したら刺すこともあります。ミツバチの巣が大きくなってしまったり、敷地内にミツバチがたくさん群がったりして生活に支障が出ているときなどは、蜂駆除の専門業者に依頼する方がよいでしょう。

蜂スプレー最強!アシナガバチは自分で駆除できる

半円形で巣穴がたくさあるのがアシナガバチの巣の特徴です。アシナガバチは胴体にくびれがあり手足を落としてフラフラと飛ぶ特徴があります。アシナガバチはスズメバチに比べると、毒性は強いですがどう猛ではなく、巣に近づかない限り人間を攻撃してくることはありません。アシナガバチを見つけたら、巣に近づかないように注意しながらジェットタイプの蜂駆除スプレーを用いるなどして、自分で駆除することができます。
しかし、スズメバチほどどう猛ではないアシナガバチでも、6月~8月は大変気がたっているため、この時期については個人での駆除はおすすめできません。

蜂の巣駆除で戻ってくるアシナガバチを取り逃がさないための方法

アシナガバチをスプレー駆除するタイミングは暗くなってからです。蜂駆除スプレーを遠くから多めに噴射しましょう。蜂の巣に近づいてはいけません。暗くなってから駆除する理由は、蜂は暗くなると巣に戻ってくる習性があるからです。明るいうちに作業を行ってしまうと、出かけていた蜂が夜にたくさん戻ってきて群がる可能性があります。

蜂の巣予防はスプレーがおすすめ!

無事に蜂駆除作業を終えた後は、蜂の巣予防の対策が必要です。ベランダや軒下に蜂の巣を作られてしまったということは、蜂にとって都合が良い環境であったからです。再び蜂の巣を作られないためには、忌避効果のあるスプレーや薬剤を散布しておくと有効です。
また蜂は甘い匂いを好みます。蜂の巣があった場所に洗濯物は干さない、花壇やプランターは撤去するなどの工夫をすると良いでしょう。

蜂駆除スプレーの使い方と注意点

4月~5月は女王バチが巣作りをするタイミングです。攻撃性も低いので駆除のねらい目の時期と言えます。次のようなスプレーはホームセンターや薬局などで購入することができます。噴射距離が長いものを選びましょう。

  • ・アースジェット蜂アブ用
  • ・スーパーハチジェットプラス

蜂駆除スプレーの使い方

蜂駆除スプレーの使い方についてご説明します。

  • ・蜂の巣から2mほど離れた場所からスプレーを噴射する
  • ・蜂の巣よりも風上からスプレーを噴射する
  • ・蜂駆除スプレーは20~30秒間噴射する
  • ・蜂駆除スプレー噴射後、数分経ってから蜂の巣を確認する
  • ・蜂の巣内で蜂が飛び回っていないことを確認してから後片付け

蜂駆除スプレーは、蜂の巣から2mほど離れた風上から20~30秒間噴射します。巣から一斉に蜂が出てきますが焦らず落ち着いてください。しばらくすると蜂は飛ぶこともできなくなります。安全のためにも、噴射後しばらくの間は、その場を離れましょう。
しばらく放置した後に蜂の巣に戻り、蜂が飛び回っていないことを確認したら、剪定ばさみや棒などを用いて蜂の巣を落とし、回収作業を行いましょう。蜂の巣の駆除後は、巣があった場所に忌避スプレーを噴射しておくと、戻ってきた蜂が寄り付かなくなります。

蜂駆除スプレーを使うときの注意点

スプレーを使った蜂駆除作業を行ううえで、注意して頂きたい点は次のとおりです。

  • ・肌を露出しない
  • ・香水や整髪料など香りのあるものをつけない

蜂駆除作業を行う際の服装は、厚手の布地を使用した長袖の洋服、加えて白いレインコートを着ると良いでしょう。手袋・帽子・長靴・タオルなどで皮膚を覆います。匂いに敏感な蜂を刺激しないためにも整髪料や香水はつけないようにしましょう。

蜂駆除は失敗すると危険!ミナトへご相談ください

最近の蜂駆除スプレーは優秀なので、蜂の種類によっては個人で駆除することが可能です。しかし、アシナガバチはスズメバチよりもどう猛ではありませんが6月~8月は大変気がたっているため個人での駆除はおすすめできません。蜂に刺される原因の1位は個人による駆除です。蜂駆除を失敗すると場合によっては命の危険もあります。
株式会社ミナトはあなたや家族・近隣住民の安全を守りながら丁寧かつ迅速に蜂駆除作業をいたします。本格的な蜂駆除は株式会社ミナトへご相談ください。
http://minato-anshin.com/index.html

関連記事 こちらも記事もおすすめ