ダニ駆除におすすめの方法は?ダニ駆除のやり方も

ダニ駆除におすすめの方法は?

ハウスダストアレルギーの原因にもなるダニは、少しでも早い駆除が必要です。布団で寝ていただけなのに手や足がかゆいと感じるときは、もしかしたらダニに咬まれている可能性もあるかもしれませんよ。
そこで今回は、ダニが発生しやすい場所やダニ駆除剤の種類、ダニを徹底的に駆除したいと考える方におすすめの方法をご紹介します。

目次

  1. 1.ダニが発生しやすい場所とは
  2. 2.ダニ駆除剤にはどんなものがある?
  3. 3.ダニ駆除におすすめの方法
  4. 4.ダニ駆除の注意点、駆除剤は手作りできる?
  5. 5.最後に

ダニが発生しやすい場所とは

部屋の中にいるダニと、部屋の外にいるダニでは、ダニの種類が異なります。
屋外にいるダニはマダニといい、感染症を引き起こし、時には重篤な症状に陥ることもある危険なダニです。マダニは体のサイズが3mm~7mmと比較的大きく、皮膚に体をめり込ませて数日にわたり吸血し続けます。もしマダニの吸血に気付いた場合は、無理に取らず皮膚科で処置してもらいましょう。
一方で、部屋の中にいるダニは、人の目には見えにくく、部屋のさまざまな場所に生息しています。
アレルゲンにもなるヒョウダニは人間の垢やフケ、埃などが餌になるため、布団やじゅうたん、枕など埃や垢、フケの溜まりやすい場所に発生しやすいダニです。
お米につくダニはコナダニと呼ばれ、穀物や粉などの食べ物のほか、畳や紙にも発生するダニです。
また、ヒョウダニやコナダニを餌にするツメダニは、基本的にはダニを食べるダニですが、時には人間からも吸血することがあります。
さらには、ネズミなどに寄生して人家に侵入するダニをイエダニといいます。人を咬むことも時々あり、寄生していた動物の病原菌を媒介する可能性があるため、一刻も早く駆除する必要があります。

ダニ駆除剤にはどんなものがある?

ダニの駆除には、駆除剤の使用がおすすめです。
市販のダニ駆除剤にはいくつかの種類があります。ダニが好むニオイを出しておびき寄せ捕獲するシートタイプ、気になる場所に噴射することでダニを死滅させるスプレータイプ、部屋の隅々まで薬を行き渡らせダニを駆除するくん煙剤タイプなど、目的に合わせて選ぶとよいでしょう。
また、置き型の防ダニグッズ(忌避剤)も市販されています。駆除剤と合わせて使用するのもおすすめです。

ダニ駆除におすすめの方法

ダニ駆除におすすめの方法
自分でできるダニ駆除方法については、ダニ駆除剤を使用する以外にも幾つか駆除方法があります。ここからは、布団に発生したダニの駆除に効果が期待できるおすすめの駆除方法をご紹介します。

市販のダニ駆除剤を使う

市販のダニ駆除剤を使用するときは、使う場所によって使用する商品を選ぶ必要があります。例えば布団のダニ駆除に、バルサンなどのくん煙剤を使用するのはNGです。
布団の使用に適したダニ駆除剤は、スプレータイプやシートタイプです。スプレータイプのダニ駆除剤を選ぶときは、乾きやすくべたつかないタイプを選びましょう。

掃除機を使う

布団に発生したダニを徹底的に駆除したい方は、布団用の掃除機を使用するのもよいでしょう。毎日手軽に掃除することができ、ダニや埃など、ハウスダストアレルギーの対策にもってこいです。
しかし、掃除機で吸い取れるのはダニの死骸や糞のみで、生きているダニはほとんど駆除できません。生きたダニの駆除には、他の方法を併用しましょう。

布団乾燥機を使う

生きたダニの駆除に適した方法は、熱を与え続けることです。
天気のいい日に布団を干すのも紫外線によってダニの駆除が期待できると言われていますが、布団の裏表全面を日に当てなければ、ダニは日影の方に逃げてしまいます。
おすすめは布団乾燥機です。布団乾燥機を使うことで高温の熱風を長時間送り続けることができるため、ダニを駆除できます。ただし、布団全体に満遍なく熱を行き渡らせることが重要なため、定期的にノズルの位置を動かして熱を満遍なく行き渡らせるなどの工夫も必要です。
布団のダニ駆除では、布団乾燥機で生きたダニを駆除し、最後に掃除機で死骸を一気に吸い込むという方法がおすすめです。

ダニ駆除の業者に依頼する

自分でダニの駆除をするのは面倒臭い、ダニ駆除剤や布団乾燥機などで駆除してもまだダニが潜んでいると感じる場合は、ダニ駆除の業者に依頼することもおすすめです。プロの手を借りることで、ダニを一掃できます。

ダニ駆除の注意点、駆除剤は手作りできる?

ダニ駆除の注意点、駆除剤は手作りできる?
ダニ駆除を自分で行う場合、ダニの駆除剤を使用するだけではダニの死骸はそのままになってしまうため、不十分です。ダニの死骸もアレルゲンになりますので、駆除剤を使用した後は必ず掃除機をかけて、ダニの死骸や糞も処理するようにしましょう。
ペットのダニが気になる方はペット用のダニ駆除スプレーもありますので、ペットに使っても安心な駆除剤を選んでください。
また、ダニを忌避するスプレーは手作りすることができます。消毒用アルコール、レモン(ライムも可能)、スプレーボトルを用意し、スプレーボトルに消毒用アルコールを入れて、レモンを絞ります。絞ったあとのレモンの皮は1㎝大に切り、皮の表面に切り込みを入れてボトルの中に入れましょう。軽く振ってから15分ほど放置すると完成です。
駆除剤や布団乾燥機などでダニを駆除し、掃除機で吸い取ったあとに手作りダニスプレーを噴射しておくとよいでしょう。

最後に

ダニの駆除は、ダニに咬まれてからではなく、こまめに行うことで被害を抑えることができます。部屋にいるダニは目に見えないものがほとんどですので、常に「潜んでいるかもしれない」という意識を持って、駆除するようにしましょう。
もしもダニに咬まれたりアレルギー症状が出た場合や、一度ダニを一掃してリセットしたいとお考えの方は、ダニ駆除を業者へ依頼することも一つの手段です。
株式会社ミナトは、お客様のご要望にあわせ安心・安全なダニ駆除を1回15,000円~の料金で行います。見積もりや査定は無料ですので、まずはご相談ください。
http://minato-anshin.com/index.html


WEBフォームはこちら