分蜂(ぶんぽう)とは?ミツバチの分蜂を駆除する方法

2020年04月9日 ハチ

春から夏にかけて、大量のミツバチが密集して固まっているのを見たことがありませんか?この固まりは分蜂(ぶんぽう)と呼ばれ、ミツバチの習性により作られるものです。ミツバチは小さくて可愛い蜂ですが、敷地内に大量にたまらたり巣を作られたりしては困りますよね。今回はミツバチの分蜂がなぜできるのか、ミツバチの分蜂や巣を作られた場合に駆除する方法をご紹介します。

分蜂するミツバチの種類

日本で生息するミツバチには日本ミツバチと西洋ミツバチがいます。野生で飛び回っているのが日本ミツバチで、蜂蜜をとる目的で飼われているのが西洋ミツバチです。どちらも分蜂するのは同じですが、街中で見かけるミツバチの分蜂は日本ミツバチです。

ミツバチの分蜂とは

信号機や木などにミツバチが大量にたまる理由は、ミツバチが引越しをするタイミングだからです。これを分蜂(ぶんぽう)と言います。
ひとつの巣に新しい女王蜂が生まれると、古い女王蜂は約半分の働き蜂を連れて引越しを始めます。ミツバチのように群れで生活をする昆虫にとって分蜂は大事な行動です。
ミツバチは群れで引っ越しをする際、信号機などに一時的にたまって休憩をとります。大量のミツバチが密集している理由は女王蜂を守っているからなのです。

スズメバチは分蜂しない

同じ群れで生活をする蜂でも、スズメバチは女王蜂しか冬を越せないため、分蜂しません。

アシナガバチも分蜂しない

スズメバチと同様に、女王蜂以外は越冬できないため、アシナガバチも分蜂しません。

ミツバチが分蜂をはじめる時期

ミツバチが分蜂をはじめる時期は、九州地方なら3月中旬ごろ、本州は4月ごろ、東北地方より北では4月下旬ごろが目安とされています。

ミツバチの分蜂は気温が関係する

ミツバチが分蜂をはじめる時期は気温が関係すると言われており、20度以上が続くような時期に分蜂を見かけることが多いです。

ミツバチの分蜂が秋になることはある?

ミツバチの分蜂は春が多いですが、ある地域では秋に見られることもあります。ミツバチにとってよい条件や環境が整っていれば、時期に関係なく分蜂することがあります。

日本ミツバチに分蜂の前兆はある?

ミツバチの巣の下に巣蓋がたくさん落ちていると、分蜂の前兆だと言われています。これはオスのミツバチが成虫になって、巣から出るときに落下するものです。この現象は、ミツバチが分蜂を始める10日から2週間くらい前に起こることが多いです。

ミツバチが巣を作る場所

ミツバチが民家でよく巣を作るのは、通気口内部・屋根裏・床下・木箱の中など、閉鎖的な場所です。ミツバチはとても小さな生き物なので、隙間を見つけて入り込みます。もちろん、時として庭木に巣を作ることもあります。
もしも自宅近辺の信号機や電柱などに分蜂を見かけた場合は、自宅周辺に巣が無いかをチェックし、庭などに木箱が出ている場合は片付けるなど、ミツバチに巣を作られないよう対処をしたほうがよいでしょう。
ミツバチの分蜂は一時的な休憩だとご説明しましたが、分蜂を確認した後、数日放置した結果、近くに巣を作られていたというケースもあります。

ミツバチに巣を作られたら困ること

ミツバチは花粉を運んでくれますし、ほかの蜂に比べて危険性が少ない蜂と言われていますが、やはり、自宅敷地内に巣を作られては困りますよね。ミツバチが巣を作ることによって起こり得る問題はいくつか考えられます。

はちみつやミツバチの死骸が害虫の餌になる

ミツバチははちみつを作ります。はちみつが巣からたれ落ちたり、ミツバチの死骸が庭に落ちていたりすると、そこにアリやウジがわく可能性があります。例えばその場所が天井裏や床下であった場合、大量の害虫が発生するリスクもあるでしょう。

ミツバチの大量発生に伴うご近所トラブル

ミツバチは冬を越し、巣を大きくしながら何年も住み続ける蜂です。また、巣内で新しい女王蜂が生まれると、さらに分蜂します。
自宅敷地内に大量のミツバチが飛んでいたり、敷地内の巣から分蜂したミツバチが近隣住民の家に巣を作ってしまったら、ご近所トラブルの原因になり兼ねません。

スズメバチを引き寄せる

ミツバチは温厚な性格をしているため、特別刺激をしない限りミツバチに刺されることはありません。ですが、自宅の敷地内にミツバチの巣があると、ミツバチを狩るスズメバチなどを引き寄せることになります。
ミツバチの分蜂や巣を放置することで、スズメバチに襲われるリスクを高めることになるため、ミツバチの巣は速やかに駆除するべきでしょう。

分蜂対策!ミツバチに巣を作らせないためにすること

分蜂したミツバチが敷地内に巣を作らないようにするためには、軒下や外壁などに蜂よけ効果のあるスプレーを吹き付けることをおすすめします。床下や天井裏など通気穴から蜂が侵入しないよう、目の細かいネットを取り付けるとよいでしょう。庭では倒木・木箱・空の植木鉢などに巣を作られないよう、撤去しましょう。

ミツバチの分蜂は駆除しよう!

ミツバチは温厚な性格をした蜂ですが、刺激すると群れになって襲ってくることがあります。そのため、素人の方が自力で蜂の巣を駆除するのは大変危険です。ミツバチの分蜂やミツバチの巣を見つけたときは、早めに蜂駆除の専門業者に相談しましょう。
株式会社ミナトは豊富な知識と経験豊かなスタッフがお客様の立場になって対応させていただきます。お気軽にご連絡ください。

http://minato-anshin.com/index.html

関連記事 こちらも記事もおすすめ