浴室リフォームとシロアリ対策は同時に!絶好のタイミングとは?

リフォームされた浴室
2021年05月14日 シロアリ

浴室リフォームを考える際に同時にシロアリ対策も行おうと考える人は少ないのではないでしょうか?浴室はシロアリの温床と言われており、このリフォームのタイミングでシロアリ対策を行わないとせっかくのベストな対策の時期を逃すことになります。今回は浴室リフォームとシロアリの関係性について説明します。

目次

  1. 浴室とシロアリについて
  2. シロアリ被害に気付いていない
  3. 浴室リフォーム時に行うシロアリ対策のメリット
  4. 浴室リフォーム時のシロアリ駆除のタイミング
  5. シロアリから浴室を守るためには
  6. 浴室以外にも注意
  7. 最後に

浴室とシロアリについて

シロアリは湿気を好む生き物であるため、湿気の溜まりやすい浴室はシロアリにとっては恰好のすみかとなってしまいます。特に築年数が経った古いタイル張りの浴室の場合は、経年劣化のせいで、タイルの継ぎ目に隙間ができたり損傷部ができてしまうことがあるため、いくら防水性のタイルであっても床下へ水が浸水し、シロアリに狙われる危険性が高まります。また、日頃から浴室を換気することを怠り、湿気のせいでカビが生えてしまっている場合もシロアリの発生原因に繋がります。

シロアリ被害に気付いていない

浴室でシロアリを見たことがないので自分には関係ないと思うかもしれませんが、そうではありません。基本的にシロアリは私たちが目で見えない場所(タイルの裏、床下)を侵食しすみかにしているからです。むしろシロアリが表面的に表れてしまった場合は被害がかなり進行しておりすでに深刻な状態である可能性が高いと言えます。そのためシロアリの被害を実感していなくてもシロアリ対策する必要があるのです。

浴室リフォーム時に行うシロアリ対策のメリット

女性オーケーサイン

作業工程がスムーズ化

実際のリフォーム工程中にシロアリ被害が発覚した場合、事前にシロアリ駆除を想定しなかったせいで、作業工程が変更となることがあります。この場合、業者によっては、事後報告となったり、そもそも報告すらされないことがあります。さらに、作業工程をずらせないという理由から駆除業者を通さず、リフォーム業者自らが駆除してしまうケースもあるようです。もしもそのリフォーム業者がシロアリに関しての専門知識が薄く、独自の方法で駆除を行った場合、表面的な駆除で終わり、完全にはシロアリを駆除できていない可能性があります。それでは全くの無意味な駆除工事なのです。そのため、浴室リフォーム時にはシロアリの駆除・予防対策として事前に作業工程に入れておくと安全に作業が進められるでしょう。

シロアリ対策の効率化

シロアリ対策を行う時は浴室下の土壌に直接駆除剤を散布するのですが、タイル張りの浴室やユニットバスの床下は構造上、基礎で覆われているため床下スペースに入ることができません。少しの隙間があれば、リフォーム後でもシロアリ対策工事が可能ですが、全く隙間がなければ工事ができません。その点を考慮するとやはり浴室解体時に対策するのが効率的でしょう。

浴室下の土壌へ直接散布

シロアリは通常、土壌の中を掘り進んで家の中へ侵入します。浴室解体後であれば、その土壌に直接駆除剤を散布できるため、シロアリが家に侵入するのを防ぐのにとても効果的です。

浴室リフォーム時のシロアリ駆除のタイミング

浴室リフォーム時のシロアリ駆除のタイミングについてですが、浴室の解体後、土間コンクリート打設前です。解体後に土間コンクリートを流してしまうと土壌が見えなくなってしまうため、土壌が見えている状態で駆除剤を散布してもらいましょう。また、打設後、コンクリート自体が強アルカリ性であるため、使用したシロアリ駆除剤の種類によっては効果が半減することがあります。そのため、シロアリ駆除工事のあとは、土壌とコンクリートが直接触れないよう防湿シートを敷設するなどの配慮が必要となります。

シロアリから浴室を守るためには

チェックマーク

定期的なチェック

入浴時や浴室を掃除する時に、タイルに隙間、損傷がないか定期的にチェックしてみて下さい。シロアリ被害を防ぐ考え方の一つに、侵入経路の遮断することが挙げられます。もし隙間や損傷を発見した時はその箇所を補修しシロアリの侵入を防ぎましょう。

こまめな換気する

湿気好きなシロアリが好む環境を作らないようにこまめに浴室の窓を開けたり、換気扇を作動させるとよいでしょう。湿気をなるべくなくし浴室の風通しを良くすることでシロアリの発生リスクを低減できます。

浴室以外にも注意

上記では浴室についてのみ説明しましたが実はこれではシロアリ対策としてはまだまだ不十分です。確かに浴室は室内の他の場所と比較するとシロアリの温床となりやすく侵食されやすい場所になります。ただ、シロアリが侵入するのは何も浴室のみではありません。土壌に接している床下全てが対象となります。今回のように浴室リフォーム時に合わせてシロアリ対策すれば浴室への被害はなくなりますが、その薬剤を避け、別の床下から侵入することも当然考えられます。考えてしまうとキリがありませんが本格的にシロアリ対策を行おうとするなら家の床下を全て対策するのが最善の策となります。

最後に

今回は浴室リフォームとシロアリの関係について説明しました。通常、浴室リフォームにシロアリ対策を組み合わせるということは考えられないかもしれませんが、シロアリ駆除の専門業者からすると、これほど都合のいいタイミングはないのです。リフォームをして浴室を解体しない限り、シロアリの被害状況は把握できません。仮に被害なかったとしても、リフォームのタイミングはシロアリを対策できる絶好の機会であることには間違いありません。浴室リフォームとシロアリ対策を組み合わせ、私たちの大切な家を守りましょう。

※ミナトのシロアリ駆除では、人体に影響のない安全な薬剤を使用してシロアリ駆除を行うので、小さなお子さまやペットがいるご家庭でも安心で安全な施工が可能です。 シロアリは早期発見、早期対策が重要です。シロアリ駆除・対策予防は是非ミナトにご相談ください。

関連記事 こちらも記事もおすすめ