床下バルサンはシロアリ駆除に効果がある?安全な使い方や注意点を紹介

窓から煙が出ている
シロアリ

様々な害虫駆除アイテムの中でも馴染み深くドラッグストアやスーパーなどどこでも手に入れることができるバルサン(燻煙剤)ですが、果たしてこれらの燻煙剤はシロアリ駆除に効果があるのでしょうか?今回はバルサンの殺虫成分や設置の注意点からシロアリ駆除に本当に役に立つのかご紹介します。

目次

  1. バルサン(燻煙剤)とは
  2. バルサンはシロアリ駆除に効果があるのか?
  3. バルサンはシロアリ駆除に向かない
  4. 床下にバルサンを使う際の注意点
  5. 最後に

バルサン(燻煙剤)とは

バルサンは何に効くのか?

バルサンは1952年に家庭用の空間処理殺虫剤として日本で初めて誕生しました。様々な害虫に対して殺虫、予防効果があります。ゴキブリ、ダニ、ノミ、ハエ、ムカデなどなど。複数の害虫に効果が期待できますので引っ越し時に使用したり、予防のため定期的に使用する方も多いでしょう。

バルサンの薬剤成分とは

バルサンの成分にはフェノトリン(ピレスロイド系)d・d-T-シフェノトリン(ピレスロイド系)メトキサジアゾン(オキサジアゾール系)が使われています。この内ピレスロイド系はゴキブリに対する殺虫効果が高く、薬剤による人体への影響が少ない事で様々な殺虫剤に使われている薬剤です。オキサジアゾール系はバルサンなどの燻煙タイプの薬剤によく使用され、ピレスロイド系の薬剤では効かない耐性がある個体に有効に働く薬剤になっています。

バルサンはシロアリ駆除に効果があるのか?

シロアリのイラスト

ゴキブリに効くからシロアリに効果がある?

シロアリは実はゴキブリの仲間だということはご存じでしょうか?シロアリはアリの仲間ではなくゴキブリの仲間に分類されています。なのでゴキブリ駆除に効果があるバルサンを使用する事により駆除できるのではないか?そうお考えの方もいると思いますが、答えはノーです。確かに使用される薬剤のピレスロイド系はシロアリに対しても有毒で駆除効果を発揮しますが、ゴキブリとは生活圏内が異なります。燻煙の効果で狭い隙間や物陰の裏まで隅々までいきわたりゴキブリに対しては駆除効果がありますが、シロアリは木材の中にいます。木材の中にまで燻煙が十分にいきわたることは不可能なので、ゴキブリに効くからといってシロアリにも効果があるというのは間違いでしょう。

床下バルサンは効果がある?

通常のバルサンは部屋に設置して部屋の隅々に燻煙を行きわたらせ駆除、予防効果を発揮するものです。部屋に使用しても木材の中に生息しているシロアリには効果がないとお伝えしましたが、床下にバルサンを設置する方法はどうでしょうか?

戸建て住宅の床下の基礎構造においては通気口があります。この通気口があるため湿度をこもらせず乾燥させた空間を作ることができます。そのため床下にバルサンを設置しても密閉された空間ではないのでほぼ意味がありません。仮に通気口や空気の通り道を何らかの手段によって塞ぎ密閉された空間を作る事ができた場合はどうでしょう?その場合は床下の隙間などから床上にまで煙が室内に侵入してくる事が考えられます。部屋でバルサンを焚く時のように室内から退避していれば問題はないですが、同じ空間にいる場合は煙を吸ってしまい大変危険です。床下バルサンを使用するのは空気が漏れる事や、密閉できたとしても室内に煙が侵入してくる事を考えると非効率であると考えます。

バルサンはシロアリ駆除に向かない

通常シロアリ駆除や予防に効果があるのは木材や被害が出ている箇所に薬剤や散布をして行うバリア工法や、毒餌を土壌や庭に設置してシロアリの巣を根絶するために行うベイト工法があります。詳しくはこちらをご覧ください。

シロアリ駆除の費用は一戸建てだとどれぐらい?駆除費用の相場や駆除方法をご紹介

この代表的な二つの工法と違って、バルサンでは煙による見える部分の駆除や予防を目的としています。表面的に見える範囲でシロアリや羽アリがいる場合には効果があるでしょう。ですが、仮に室内や壁など目に見える範囲でシロアリが確認できていたとしても、バルサンの煙を察知したシロアリ達はすぐに木材や壁などの中にすぐに潜り込んでしまいます。

例えて言うなら殺虫剤をシロアリに対して直接噴射して駆除しているようなものです。直接噴射して死ぬ個体はいるでしょうが、それ以外の見えない場所にいる何千匹、何万匹の個体にはなんの影響もありません。従ってバルサンによるシロアリ駆除はオススメできません。

床下にバルサンを使う際の注意点

換気口を指差ししている
薬剤や散布ができないなど、なんらかの理由で床下にバルサンを設置してシロアリを含む害虫の予防や駆除に使用する際は、密閉空間を作ることが必要です。
先ほども記述しましたが、床下空間は換気性があるためバルサンなどの煙は逃げてしまいます。そのため、通気口や床上の隙間などを密閉して煙を隅々までいきわたらせる様にしましょう。また、いくら床上空間に煙が来ないようにしても様々な隙間から煙は漏れてしまい室内に入ってくることが予想できます。バルサンの煙を吸った場合には咳や呼吸困難になる可能性もありますので大変危険です。使用の際は室外に退避するようにしましょう。

最後に

今回はシロアリ駆除、予防に床下バルサンは効果があるのかをお伝えしました。木材の中で生活しているシロアリにとって煙による殺虫予防を発揮するバルサンはあまり相性はよくないので、シロアリを完全に駆除するなら専門業者に依頼することをオススメします。どうしても床下バルサンを使用する場合は隙間などを密閉して煙を吸わないように室外に退避しましょう。
(株)ミナトのシロアリ駆除では、人体に影響のない安全な薬剤を使用しシロアリ駆除を行います。小さなお子さまやペットがいるご家庭でも安心で安全な施工が可能です。 シロアリは早期発見、早期対策が重要です。シロアリ駆除・対策予防は是非(株)ミナトにご相談ください。
お問い合わせはこちら

関連記事 こちらも記事もおすすめ