シロアリと黒アリの違いとは?特徴や見分け方について

白と黒のアリの写真
2021年06月4日 シロアリ

一般にアリというと「黒アリ」を指すことが多いかと思いますが、似たような姿・形をした虫で「シロアリ」という虫も存在します。シロアリと聞くと家に被害を与える害虫として有名ですが、このシロアリと一般的な黒アリには何か違いはあるのでしょうか?今回はその両者の特徴や見分け方について紹介し、シロアリと黒アリの違いについて説明します。

目次

  1. 見た目の違い
  2. 発生時期からも判断可能
  3. シロアリに似た虫
  4. シロアリの駆除はプロの業者へ
  5. 最後に

見た目の違い

シロアリは湿気がある場所や暗い場所を好み、普段は家の床下や地中などで生活しているため、私たちが目にすることはなかなかありません。しかし、シロアリの中でも羽がついたシロアリは繁殖時期に大量発生することがあり、地上へ飛び立つ習性を持っています。一方、黒アリも同様に羽をつけることがあるためシロアリと見た目では判断がつかないのでは?と思う方もいるでしょう。実は見た目でシロアリか黒アリかを簡単に見分けることができるため、以下の特徴をもとに紹介していきます。

触角

シロアリの触角は数珠形状で直線型となっています。一方、黒アリは「くの字」に触角が曲がっているため頭部を見ただけで簡単に判断することができます。

胴体部のくびれ

シロアリの胴体はまっすぐ伸びている形状を有していることに対し、黒アリにはくびれが存在し、頭部、胸部、腹部の3つに大きく分かれていることが特徴です。触角と同様、くびれを見るだけで簡単に見分けが可能です。

羽の形状

シロアリは前後に羽がついており、そのどちらとも羽の大きさに違いはなくほぼ同じ形です。しかし、黒アリは胸部から生えている羽の大きさは前後で異なっており、前の方が大きく、後ろの方は小さくなっている点がシロアリと異なる特徴です。この羽の形状に関しては一見するとわかりづらいかもしれませんがよく見てみると違いがわかります。

他の特徴

シロアリの羽はもろくとれやすいですが、黒アリの羽は多少強度があり、とれにくいという特徴があります。

発生時期からも判断可能

女性オーケーサイン
上記で、見た目の違いについて説明しましたが、この記事を読んで頂いている人の中には極度の虫嫌いで虫を見たくもないという方もいらっしゃるかと思います。実は、見た目で判断せずとも発生時期からも羽アリの違いを判断することが可能なのです。シロアリにもいくつか種類が存在し、その種類ごとに発生時期が多少前後しますが、ほとんどの場合、4月から7月までの間に発生するため、その月以外で発生することはほぼありません。そして、黒アリはシロアリに比べ期間は長いですが、5月から11月にかけて発生します。となると、5月から7月まではどちらの種類の羽アリも時期がかぶっているため一見判断が難しく思えるかもしれませんが、そんなことはありません。4月から初夏となる7月まではシロアリの可能性が高く、7月を過ぎ冬に差し掛かる11月までに発生したのであれば黒アリの可能性が高いと覚えておくといいでしょう。

シロアリに似た虫

これまでに、シロアリと黒アリの違いについて説明してきましたが、他にもシロアリによく似た虫が存在するため、一部紹介したいと思います。

ヒラタチャタテ

この虫は見た目の姿・形はシロアリによく似ていますが大きさの点でいうと全く違います。一般的なシロアリは5mmから10mmくらいの大きさがあるのに対し、このヒラタチャタテは1mm程度しかありません。そのため、大きさから明らかに区別できるため比較的簡単に見分けられるでしょう。余談となりますが、1mm程度であればダニやノミといった類と比較されることもありますが、ダニやノミの大きさは1mmよりもさらに小さい虫であるため目で見えるレベルであればダニやノミではなくこのヒラタチャタテでしょう。

クロバネキノコバエ

この虫は文字通りハエの種類ですが、見た目は羽アリによく似ています。発生時期に関しても春から初夏にかけて発生するため羽アリと勘違いするかもしれません。ヒラタチャタテと同様、この虫もシロアリの羽アリよりも若干大きさが小さいため、大きさで判断できるでしょう。

シロアリの駆除はプロの業者へ

プロの業者の写真
もし、ご自宅でシロアリが発生した場合、自分で駆除を試みず、一旦プロの業者へ一度相談してみましょう。シロアリの駆除は素人にとってはとても難しく、駆除しようとしても完全に駆除することは不可能といっていいでしょう。シロアリの駆除には専門的な知識や駆除技術が必要となります。市販でも駆除剤が売られていますが下手に使用してしまうとシロアリが巣から散らばってしまい、逆に被害が拡大化する恐れがあります。そのため、シロアリを見かけた場合は早急にプロの駆除業者へ依頼するようにしましょう。

最後に

今回はシロアリと黒アリの違いについて説明しました。家で羽アリを見かけた場合、シロアリなのか黒アリなのかを見た目で判断できることがお分かり頂けたかと思います。もし、虫嫌いの方であれば見た目で判断しなくとも発生時期である程度判断することも可能です。シロアリは放っておくと家をボロボロにしてしまう厄介な害虫です。ご自宅で発生した場合は、費用はかかってしまいますが、自分で駆除するのではなくプロの駆除業者へ相談することをおすすめします。

※ミナトのシロアリ駆除では、人体に影響のない安全な薬剤を使用してシロアリ駆除を行うので、小さなお子さまやペットがいるご家庭でも安心で安全な施工が可能です。 シロアリは早期発見、早期対策が重要です。シロアリ駆除・対策予防は是非ミナトにご相談ください。

関連記事 こちらも記事もおすすめ