庭で使っている枕木にシロアリがでたら。対策と解決方法について

ガーデニング風景
2021年05月29日 シロアリ

庭でガーデニングを行う際によく使用される枕木。その枕木がシロアリの温床になることは知っていましたか?もし枕木にシロアリが寄り付いてしまうと家にも被害が広がる可能性がでてきます。今回はそんな枕木に関するシロアリ対策と解決方法を説明します。

目次

  1. 枕木がシロアリの温床となる理由
  2. 枕木に対するシロアリ対策
  3. シロアリ発生の予兆
  4. 自分で駆除してもいい?
  5. 枕木以外に注意するもの
  6. 最後に

枕木がシロアリの温床となる理由

シロアリは湿気が高く、エサとなる木材がたくさんある環境を好みます。そのため、家の室内では玄関、風呂場、床下などが一般的な被害場所として挙げられることがあります。しかし、屋外も例外ではありません。庭で使用された枕木は雨によって濡れ、その水分を吸収することで湿気を含んでしまうため、そのままにしておくと木材を好むシロアリにとっては恰好のすみかとなってしまうのです。そして、そんな枕木がシロアリ被害に遭ってしまうと、屋外に留まらず家までも被害が拡大化してしまう恐れがあります。屋外とはいえ、枕木に関してもシロアリ対策に十分注意する必要があるのです。

枕木に対するシロアリ対策

防蟻用の枕木を使用

現在、市販されているガーデニングとして使う枕木にはたいてい防蟻・防腐対策されています。ただ、一部このような対策がされていない枕木もあるため、もし枕木を購入する時はこの点に注意して選ぶようにしましょう。また、防蟻・防腐対策している枕木であっても、薬剤の効果が数年でなくなってしまうため、効果がなくなる前に新しい枕木に交換する必要があるということも覚えておきましょう。

枕木の材質を変える

枕木は通常木製ですが、木製以外の枕木も販売されています。材質としては、プラスチック、金属、コンクリートなど様々な枕木が販売されており、シーンにあったものを選択するとよいでしょう。木製とは違い、シロアリが発生しにくく、さらに腐らないというメリットがあります。

こまめに点検

庭の手入れ時などに枕木をこまめにチェックする習慣を身につけることも大切です。その際に、シロアリ発生のサインに気付ければ、早期発見として最小限の被害に抑制できます。

家もシロアリ予防

上記で枕木に関するシロアリ対策を説明しましたが、家にもシロアリ対策しておくとさらに効果的となります。家のシロアリ対策にはバリア工法とベイト工法の2種類があります。バリア工法とは、家の土壌や基礎部を構成する木材部に薬剤を散布・注入してシロアリを駆除する方法です。一方、ベイト工法は、ベイト剤と呼ばれる毒餌を土壌に埋め込み、巣全体の駆除を目的とした方法です。場合によってこれらを使い分け、シロアリを寄せ付けない環境を作ることが重要です。

シロアリ発生の予兆

チェックマーク
庭の手入れ中に、枕木からシロアリを発見した場合、もうすでに家の中まで被害が拡大している可能性があります。そういった時、家の中で以下の予兆が現れるのでチェックしてみましょう。

  • 床下に蟻道が作られている
  • 羽アリを目撃する
  • 壁や柱を叩いた時に軽い音が鳴る
  • 床を歩いた時、軋んでいるように感じる

これらの予兆にいくつか該当している場合は要注意です。シロアリがすでに家に侵食している可能性が高いため、早期に専門業者へ駆除の依頼をしましょう。

自分で駆除してもいい?

はてなマーク
はっきり言ってNOです。シロアリに関する知識がない状態で駆除をしようとすると、いくら表面上は駆除できたように見えても、単に巣を分断することに繋がり、さらに駆除が困難になるケースがあります。シロアリ駆除は他の害虫と比べても完全駆除は難しく、シロアリの特性、建物の構造など専門知識が必要不可欠であり、素人による完全駆除は難しいでしょう。シロアリを発見、もしくは予兆が見られる場合には早期に専門業者へ相談し駆除してもらうようにして下さい。

枕木以外に注意するもの

シロアリ被害は何も庭に置いてある枕木だけではありません。シロアリはセルロースをいう成分を好み、それは木材に多く含まれています。そのため、枕木以外にも、ウッドデッキ、切り株、倒木、放置された段ボールまでもシロアリを発生させる原因となってしまいます。木材は経年劣化しやすく、いくら防蟻・防腐対策してあっても使用年数が長くなるとどうしてもシロアリの被害を受けやすくなってしまうのです。このような被害を防ぐためには、定期的に木材をチェックしこまめに防蟻・防腐対策する必要があります。また、使用しない木材や段ボールがあれば早めに処分することも効果的な対策といえるでしょう。

最後に

今回は、枕木に関するシロアリ対策について説明しました。枕木はシロアリにとって格好のすみかとなります。何の対策もしないままそのまま放置し続ければ、枕木にシロアリが発生し、家の中まで被害が拡大化することがあるので必ず対策が必要です。そして、シロアリが発生、または予兆が見られた場合は自分で駆除するのではなく、専門業者へ駆除依頼をするようにしましょう。

※ミナトのシロアリ駆除では、人体に影響のない安全な薬剤を使用してシロアリ駆除を行うので、小さなお子さまやペットがいるご家庭でも安心で安全な施工が可能です。 シロアリは早期発見、早期対策が重要です。シロアリ駆除・対策予防は是非ミナトにご相談ください。

関連記事 こちらも記事もおすすめ