細菌とウイルスの違いって何?エンベロープ型と呼ばれるコロナウイルスの弱点とは

2021年01月30日 除菌消毒

近年の新型コロナウイルスによる影響で私たちの生活が大きく変化しました。それに伴い、私たち一人一人は感染拡大を防ぐためマスクの着用、時短営業、不要不急の外出など様々な感染防止策を行っておりますが、そもそもの「ウイルス」についての定義をきちんと理解することで より今行っている行動に更に厚みがでてくることかと思います。ウイルスと細菌の違いやエンベロープ型ウイルスの特徴を知り、日々の感染防止策に役立てましょう。

目次

  1. 細菌とウイルスの違いについて
  2. 2種類のウイルス
  3. 新型コロナウイルスは何型?
  4. エンベロープ型に有効な成分
  5. 最後に

細菌とウイルスの違いについて

まずは細菌とウイルスの大きさについて見ていきましょう。
細菌の大きさは0.5~10μm(μm=1ミリの1000分の1)程度と言われ、人の細胞の約10分の1くらいなので光学顕微鏡を使用すれば見ることができます。しかし、ウイルスに関しては細菌よりはるかに小さく(0.5μm以下)、光学顕微鏡では見ることができず電子顕微鏡でしか確認できません。
次に構造についてですが、細菌の場合、細胞を持ち合わせ、自己複製能力を持っています。また、細胞は1つしか無く単細胞生物と呼ばれています。
一方、ウイルスはというとタンパク質の外殻、内部にDNA、RNAという遺伝子を持っただけの単純な構造となっています。細菌のように自身で栄養を摂取し、エネルギーを作り出すような生命活動はできません。さらに増殖に関しても大きな違いがあります。細菌は、細胞構造を有しているので、糖などの栄養と水がある適切な環境であれば、自分自身で細胞分裂を繰り返して増殖しますが、ウイルスの場合、栄養と水があっても、単独では生存できません。
ウイルスは、生きた細胞の中でしか増殖できず自分自身で増殖できないため、人や動物の細胞に入り込むことで自己を複製し増殖します。このように細菌とウイルスは全く別ものなのです。よく耳にする細菌の主な感染症として、O−157、MRSA、結核、コレラや赤痢が挙げられ、ウイルスに関しては新型コロナウイルス、インフルエンザ、ノロウイルスがあります。

2種類のウイルス


ウイルスは構造上、エンベロープウイルスとノンエンベロープウイルスの2種類に区別されます。
これらは、ウイルスの不活化に大きく影響を与えるため、違いを理解することで効果的な対策が望めます。そもそもウイルス粒子は、芯にあたるDNA、RNAという核酸をタンパク質の外殻が覆った構造となっています。この構造はウイルス全般に言えることなのですが、更にその外側に「エンベロープ」と呼ばれる脂質膜を持ったウイルスが存在し、そのウイルスをエンベロープ型といい、脂質膜を持たないウイルスのことをノンエンベロープ型と言います。
*簡単に言えば、エンベロープとは封筒を指し、ウイルスが膜状のものに包まれているかそうでないかの違いです。

新型コロナウイルスは何型?


現在流行中の新型コロナウイルスは典型的なエンベロープ型に含まれます。
新型コロナウイルス以外で代表的なエンベロープ型としては、インフルエンザウイルス、風疹ウイルス、B型やC型肝炎ウイルス、エイズウイルスが挙げられます。ちなみにノンエンベロープウイルスの代表的なものにはノロウイルス、A型肝炎などがあります。

エンベロープ型に有効な成分

一般的にノンエンベロープ型に比べ、エンベロープウイルスはアルコールに対する抵抗性が弱いとされています。理由として、アルコールはタンパク質や脂質を変性させる働きがあるため、構造上タンパク質や脂質で構成されたエンベロープウイルスを不活化するからです。そのため、アルコールは新型コロナウイルスの弱点となり現在市販されているアルコール消毒液は非常に有効的な商品と言えます。また、アルコール以外でも石鹸などで手洗いをこまめにすることで、ウイルスを十分に除去できます。
一方、ノンエンベロープウイルスはエンベロープのような弱点がなく、ウイルスの表面がアルコールに強いため、アルコール消毒液ではあまり効果が得られません。通常、塩素系消毒剤を用いなければならず、もし熱処理するにしても90℃前後のお湯で1分半以上加熱する必要があるといわれています。つまりノンエンベロープウイルスと比べ、エンベロープウイルスの方が死滅させやすいと言えるでしょう。

次亜塩素酸水はウイルス対策に効果あり!?除菌・消毒の正しい使い方とは?

最後に

今回は細菌、ウイルスについて話をさせて頂きました。
ウイルスの構造を知るとその構造によりウイルス対策の仕方が変わることが理解できたはずです。新型コロナウイルスはエンベロープ型に該当するため、アルコール消毒でウイルス対策することが感染拡大防止のため非常に有効な手段となります。
2021年もまだまだ新型コロナウイルスの感染が収まらず、不安を持っている方が沢山いると思います。感染症予防のためには、一人一人が意識をもって生活することがとても大切です。ここで述べたウイルス感染への正しい知識を身につけ、コロナ対策をさらに強めていき、快適で健康な暮らしを送りましょう!

※株式会社ミナトはペストコントロール協会に加盟しており、ペストコントロール協会の指導の下、除菌・消毒作業を安全に行っております。
お問い合わせはこちら

関連記事 こちらも記事もおすすめ