ネズミ捕り粘着液の取り方が知りたい!服や手についたらどうする?

ネズミ

家に住み着いたネズミの駆除に使用するネズミ捕りには、強力な粘着液が使われています。付着すると取り除くのに苦労するネズミ捕り粘着液ですが、設置する時に手や服、床についてしまうことも。今回は、そんなネズミ捕り粘着剤の取り方を紹介します。

目次

  1. ネズミ捕り粘着液の取り方
  2. ネズミホイホイなどネズミ捕りの使い方
  3. ネズミ捕りの効果は?
  4. 最後に

ネズミ捕り粘着液の取り方

ネズミ捕りに使用されている粘着液はそれ自体に有毒な成分はありません。しかし、強い粘着性のある液体ですので付着した粘着液を取り除くのは非常に困難です。まずは、ネズミ捕り粘着液がついてしまったときの取り方について、手や服、床など、付着した場所別に紹介します。

洋服についた場合の取り方

ネズミ捕り粘着液の取り方
ネズミ捕り粘着液が衣服についた時は、まずガムテープで粘着液を取り除きます。粘着液にベタっと貼り付けて剥がすだけでも、べったりとついた粘着液はあらかた除去できるでしょう。しかしそれだけでは完全に取り除くことはできません。
次に、ベンジンもしくはクレンジングオイルを用意します。ネズミ捕り粘着液のついた箇所に少量垂らし、もう使わない歯ブラシなどで軽くこすってください。ネズミ捕りに使われている粘着液は油に溶ける成分ですので、これで粘着質な成分を落とせます。あとはいつも通り、洗濯機で洗濯すれば完了です。
ただし色落ちなどのリスクもありますので、高価な服についてしまった場合はそのままクリーニング店に持ち込み、「ネズミ捕り用のトリモチが付着した」などの説明をしてクリーニングしてもらいましょう。
また、ネズミ捕り粘着液が付着した衣服をそのまま洗濯すると他の服に粘着液がうつってしまいます。必ず洗濯の前に粘着液を取り除いてください。

手や髪についた場合の取り方

手や髪についた場合の取り方
ネズミ捕り粘着液が手や髪の毛などについた場合は、まず粘着液の上からベビーパウダーや小麦粉など、粒子の細かい粉末をかけてください。粉末をかけると粘着力が落ちます。粘着力が落ちたところで、付着しているネズミ捕り粘着液を可能な限り取り除きます。
次に、食品油やベビーローション、クレンジングオイル、ハンドクリームなどを塗ってください。塗り込んでいる間に粘着液が丸まって取れていきます。最後に水と石鹸で手を洗って油分を取り除きましょう。

ペットについた場合の取り方

ネズミ捕り粘着液がペットについた場合も、人体についた時と同じ方法で取り除くことができます。焦らずゆっくりと行い、べったりとついていた箇所以外にも肉球やお腹部分についていないか確認するようにしましょう。少しでもべたつく箇所があれば取り除いてください。
ネズミ捕り粘着液を取り除いた後は、油分を舐めないよう早めにシャンプーなどで洗い流しましょう。

床についた場合の取り方

ネズミ捕り粘着液が床についた時は、まずガムテープで可能な限りの粘着液を取り除き、その後サラダ油などで拭きます。粘着液が取り除けたら中性洗剤と水で油分を拭き取ってください。
床の粘着液を取り除く時、フローリングの場合はワックスが剥がれる可能性もあります。念のためワックスも用意し、必要に応じて再度ワックスをかけるようにしましょう。

ネズミホイホイなどネズミ捕りの使い方

ネズミホイホイなどネズミ捕りの使い方
ネズミホイホイのようなネズミ捕りの正しい使い方をご存知でしょうか?
ネズミ捕りを設置する際、1枚だけではネズミが自力で逃げてしまうことがあります。また、点々と間隔をあけてネズミ捕りを並べて置くと、1つ目のネズミ捕りから自力で逃げたネズミが2つ目以降は避けてしまうこともあり、綺麗に縦に並べると縁の部分や粘着液のない箇所ができてしまうため、逃げられる原因になります。
つまり、ネズミ捕りの使い方はなかなか難しいのです。ネズミ捕りを設置する際は、5枚ほどをジグザグに敷き詰めるようにしましょう。
また、ネズミの足の裏は埃や油で汚れていることがあります。ネズミ捕りの粘着液は油や汚れに弱く捕獲力が下がる可能性がありますので、ネズミ捕りの周辺に新聞紙を敷いておくのがおすすめです。新聞紙で足の汚れが落ち、ネズミ捕りの粘着力の低下を防ぐことができるでしょう。

ネズミ捕りの設置で粘着液が手につかないようにするには

ネズミ捕りを設置するときに、手に粘着液が付着することがあります。それを避けるためにも、ネズミ捕りを設置するときは、ゴム手袋を付けるのがおすすめです。ゴム手袋を付けることでネズミ捕りに人間のにおいが移るのを防ぐこともできるため、一石二鳥です。

ネズミ捕りの効果は?

ネズミは警戒心が強く、順応力も高い生き物です。そのため、見慣れないネズミ捕りが設置されると警戒してしばらく近寄らないことも考えられます。
ネズミ捕りでの捕獲で効果を上げるには、まず粘着面を出さずに設置し、ネズミ捕りの周りにラットサイン(ネズミが通った後に付く黒い汚れ)が見られるようになってから、粘着面を出すようにしましょう。
また、一度捕獲した後はしばらく警戒が続きますので、次のネズミ捕りを設置するまでに数日空けるのもおすすめです。

最後に

今回は、ネズミ捕りを設置するときについてしまった粘着液の取り方や、ネズミホイホイなどのネズミ捕りを正しく使う方法を紹介しました。ネズミ捕り粘着液が体についた場合、焦らず対処すれば痛みを感じることなく取り除けますが、それでも付着しないようにするのが前提になります。ネズミ捕りを使う場合は子供やペットが近寄らない場所を選ぶなど、設置場所にも工夫が必要です。
ネズミ捕りを使ったネズミ駆除は、一度では完了しないこともよくあります。手早く確実にネズミを駆除したいのであれば、専門の業者に依頼したほうが確実です。
株式会社ミナトは、長く住む家とそこに住むお客様の安全を第一に、ネズミ駆除だけでなく今後の侵入も防ぐ処置を行います。ネズミでお困りの際は株式会社ミナトにご相談ください。

ミナトのネズミ駆除サービスを見る

関連記事 こちらも記事もおすすめ