ネズミを撃退しよう!超音波は効果ある?音とネズミの関係性とは

2020年12月19日 ネズミ

家にネズミがいるのに気付きはしたものの、どのように駆除・対策していいのかわからない人も多いのかと思います。ネズミが家に侵入してくると家の中の食品が食べられたり荒らされたり、衛生的や精神的にも良くないことばかり...ネズミ対策方法はいろいろありますが今回はネズミの嫌いな音を使った対処方法を紹介します。

目次

  1. ネズミにストレスを与える周波数
  2. 超音波駆除によるメリット・デメリット
  3. ネズミは頭がよく、学習能力が高い
  4. ネズミによる被害がでている場合の対処方法
  5. 最後に

ネズミにストレスを与える周波数


ネズミは真っ暗な場所で行動することが多いため聴覚がとてもすぐれています。コウモリなどと同様で聴覚の良さは真っ暗な場所を好む生き物に固有な特性です。この特性を逆手にとり、ネズミ対策として周波数を利用した撃退方法があります。まずネズミが感知できる周波数は一般的に20~50kHzであるとされています。この周波数の音のある程度の大きさで、近い距離かつ複数使用しすること、ネズミにストレスを与えることができると言われています。ホームセンターなどで販売されているネズミ駆除のための超音波グッズも大方25~50kHz前後で作動する商品が販売されており、簡単に入手できます。

超音波グッズによるメリット・デメリット

メリット

・ネズミを直接駆除する必要がない

通常ネズミ対策グッズを使用した場合、主としてネズミを殺すことを目的とし死骸が出てしまいます。ネズミ捕りや毒エサを撒くなどの方法の場合はその死骸を処理する必要性が出てきます。可能ならこのような処理をすることなくネズミ対策することがベストなのではないでしょうか?ネズミが嫌いな周波数を使用し、ネズミを生きたまま家の外に追い出せればそれに越したことはありません。

・だれでも簡単に設置でき安全・安心

超音波グッズの取り付けはだれでも簡単に設置できます。薬剤を使う方法と異なり、安心して使用できます。
ただし、設置してからもネズミに慣れさせないために周波数を変更する必要はありそうです。

・他の害虫にも効果があることが

超音波グッズにはいろんなグッズがあり、ネズミ専用タイプもあれば他の害虫に汎用して使用できるグッズもあります。それぞれの害虫にも嫌いな周波数が存在しているため、もしお困りであればネズミ以外の害虫用に周波数を調整するだけで効果が期待されます。

デメリット

・一時的な効果である可能性が高い

超音波グッズは周波数届く範囲や機械の種類によって異なりますが、一時的な効果であることが多く、根本的な解決にならない場合があります。ネズミは非常に学習能力が高く、自身が嫌いな周波数を浴びても、次第にその周波数に慣れ、警戒する必要がないとわかった途端に再び戻ってきます。そのため1か月周期を目途に周波数を変えながら調整するといったことが必要となります。また壁や家具で周波数が遮られる音が届きづらくなるよううな場所には効果が弱まることもあります。

・効果が目に見えにくい

超音波グッズはネズミを追い出すことを目的としており、実際の効果が目に見えないという点がデメリットです。ネズミの死骸がでてこないため本当に駆除できているかの判断がつかず効果を感じづらいという側面もあります。
例えば、ネズミ対策グッツ使用後にネズミの足音がしなくなってネズミが居なくなったと安心していたところ、しばらくしてまた足音が復活…ネズミは再発率の高く、このような現象はよくあります。このような場合「超音波の効力がなくなったのか?」あるいは「ネズミが学習したのか?」があいまいになってしまいます。

ネズミはとても頭がよく、学習能力が高い


ネズミはとても頭がよく、学習能力が高い動物です。ネズミを駆除するためにホームセンターなど販売されている駆除対策グッズや超音波グッズを購入したとしても、あくまでも一時的な対策と言わざるを得ず、頭の良いネズミを駆除するにはあらゆる方法で工夫し対策しなければいけません。またネズミは非常に警戒心が強く少しでも危険を察知すると、駆除剤を食べず、ネズミ捕りを避けて行動することができます。そのため駆除対策グッズや超音波グッズを使用する際には設置場所や使用方法なども重要ですが、ネズミの種類や環境によって何を(駆除対策グッツ)どう使うか判別しないと、全く効果がなかったということにもなります。

自分でネズミ駆除を行うには?家庭で使えるネズミ駆除グッツ!

駆除グッズの他に考えられる対処法としてはネズミが住みにくい環境を作ることです。
常に清潔な状態を保って、ネズミを寄せ付けない環境をつくることが大切です。また、家や家の周辺にネズミが侵入できそうな場所は被害前に、早めに対処しておきましょう。具体的には、ネズミが家に侵入できる通路を塞ぐといったことです。とくに通路となる通気口や排水溝等には注意し、金網等をつけるなどしてネズミが侵入できないようにします。壁に隙間、穴があるのであれば、防鼠パテ等で塞いでおくことも重要です。これらの方法を併用することがさらなる駆除対策へとつながるでしょう。

ネズミは自然といなくなる?ネズミが嫌がる環境とは?

ネズミ被害がでている場合の対処方法


すでにネズミによる被害が出ている場合は、いくら周波数による追い出しが成功しても、ネズミの出入り口や侵入経路でもある隙間を塞いでいないということは、再びネズミ被害にあう可能性が高いです。
またネズミは「ねずみ算」と言われるほど、繁殖のスピードが早くどんどん増加します。そのまま放っておくのは衛生的にも良くないのはもちろんのこと、間違った方法で対処していても被害がおさまりません。それどころか時間の経過と共にどんどん被害は広がっていきます。深刻な被害をもたらす前に、駆除業者に相談し今後の対策対処について早めに取組んだほうがよいでしょう。

最後に

今回ネズミの嫌いな音を使った対処方法として超音波を使った対処方法についてご紹介しました。
説明させて頂いた周波数による対処方法は絶対的な効果を保証するわけではなくあくまで簡易的な方法として参考にしてみてください。実際に周波数によるネズミ駆除に関しては、追い出しやストレスを与えることには一部効果があると言われていて実績もあるようです。ただやはり、単一の方法による駆除対策では十分とはいえず、さまざまな駆除対策グッズを被害状況や種類に合わせて、正しく使用しなけれ効果は期待できないでしょう。

株式会社ミナト

株式会社ミナトは「害獣・害虫駆除」ホームサービス専門業者です。年間実績5,000件以上・日本ペストコントロール協会加盟。駆除専門のスタッフが確かな知識でネズミの駆除に対応いたします。ネズミの駆除対策を考えている方は、ぜひ株式会社ミナトへご相談ください。

お問い合わせはこちら

関連記事 こちらも記事もおすすめ