ネズミ駆除に使える薬はどれ?おすすめの薬剤や毒餌の作り方

ネズミ駆除 薬
ネズミ

ネズミは家の壁や柱、家具などをかじったり、糞尿でばい菌をまき散らしたりと、私たちの生活に悪影響を及ぼす害獣です。ネズミ駆除用の薬剤や毒餌など、自分で駆除する方法があるなら試してみたいですよね。ここでは、ネズミ駆除に使える薬剤や、簡単に出来る毒餌の作り方についてご紹介します。

ネズミ駆除に効果的な薬とは?

ネズミ駆除用のアイテムはいくつもありますが、最も効果が期待できるの薬を用いた駆除方法です。ネズミ駆除に効果的な薬についてご紹介します。

ネズミがいなくなる方法は毒餌をまくこと

ネズミがいなくなる方法としておすすめなのは、毒餌をまくことです。毒餌には次のとおり2つタイプあります。これらを使いわけてネズミ駆除をするわけです。

  • ・急性毒の薬
  • ・貯蓄毒(遅効性)の薬

ネズミ駆除に急性毒の薬を使うメリット・デメリット

ネズミ駆除に使用する急性毒の薬は、読んで字のごとく、ネズミを短時間で駆除することができるのがメリットです。ネズミを捕獲し、いますぐ駆除したいという場合において効果が期待できますが、毒餌に混ぜても食べてくれないというデメリットもあります。また、ネズミ駆除用の薬は毒性が強いので、ペットや幼い子どもがいる家庭では誤食しないよう注意が必要です。

ネズミ駆除に貯蓄毒(遅効性)の薬を使うメリット・デメリット

ネズミは警戒心が強いため、1匹のネズミが薬付きの毒餌を食べた場合、問題がないのを確認してからほかのネズミも毒餌を食べるようになります。そのため、実は急性毒の薬では、一度にたくさんのネズミを駆除することができません。
ネズミ駆除に使用する貯蓄毒の薬、即効性はありませんが3日~5日程度の時間をかけ、継続して毒餌を食べさせることで、複数のネズミを駆除することが可能です。

超音波のネズミ駆除効果とは?!

ネットでネズミ駆除の方法を検索してみると、ネズミ対策用の超音波撃退器やスマホアプリを目にするかと思います。超音波撃退器とは、人間に害がないレベルの超音波を出してネズミを追い出すという方法です。超音波は薬と違い、ペットや幼い子どもが誤飲する心配がなく、安心して使用することができます。しかし、ネズミは環境に順応する生き物なので超音波撃退器を部分的に設置したり、一時的に超音波を発したりしてもすぐに慣れてしまいます。ネズミ駆除に超音波撃退器を使用するなら、家中に複数設置したり、継続的に超音波を出すように設定するなどの工夫が必要です。

ネズミ駆除が簡単にできる!毒餌の作り方

ネズミは賢いですが食べないと生きていくことができません。駆除方法としては食べ物をなくし毒餌のみ置くという方法です。簡単な毒餌の作り方をご紹介します。

ネズミ駆除用の毒餌としてガムを使ってみよう

ガムは手軽にネズミを駆除できるアイテムです。原材料がガムベースのものを用います。ネズミがよく出没する場所に小さくカットしたガムを置いておきましょう。ネズミにも好みがあるのでガムが減らない場合は味を変えてみてください。ガムを食べたネズミは消化不良を起こすため、ネズミ駆除が出来ます。

ネズミ駆除用!毒餌の作り方

ガムで効果がなかった場合は毒餌を作ってみましょう。

  • ①ネズミの好物を細かくカットする
  • ②ポリ袋にカットした好物を入れる
  • ③ポリ袋に殺鼠剤を混ぜる
  • ④ごま油を入れて混ぜたら完成

ネズミはトウモロコシ、パン、ウインナー、ひまわりの種などを好む傾向にありますが、自宅でよく被害に遭う食べ物を入れると良いです。材料を細かくカットしてポリ袋に入れます。そこに市販されている「デスモアプロ(ジフェチアロールの殺鼠剤)」などを加え、袋を縛ってしっかりと混ぜ合わせます。
ジフェチアロールはリン化亜鉛ほど毒性はありませんが警戒心の強いネズミにはおすすめです。毒餌にごま油を入れる理由は、ネズミの好む香りだからという理由のほかに、粉末の殺鼠剤を食品に付着させることが出来るという理由があります。

http://minato-anshin.com/index.html

関連記事 こちらも記事もおすすめ