シロアリ駆除費用は確定申告で税金控除の対象に!補助金や保険金も?

シロアリ駆除にかかった費用は税金の雑損控除の対象となるため、シロアリ駆除を行った年には確定申告することで支払った所得税の一部が返ってくることがあります。今回は、シロアリ駆除の費用を節約する方法の1つである確定申告のやり方や税金控除の対象となる費用について解説していきます。

シロアリ駆除にかかった費用は確定申告で税金控除の対象に

税金の控除制度の1つに「雑損控除」と呼ばれるものがあります。雑損控除とは、財産が自然災害や火災、盗難や横領などで失われた場合に適用される制度です。シロアリによる被害は、「害虫その他の生物による異常な災害」として雑損控除の対象になります。ただし、確定申告で税金控除を受けるために、次の2つの条件を満たす必要があります。

  • • 損害を受けた財産の所有者が納税者もしくは納税者と生計をひとつにする配偶者やその親族でその年の総所得金額が38万円以下のものであること
  • • 損害を受けた財産が日常生活に必要なものであること

確定申告で雑損控除の対象となるのは、日常生活で使っている建物のみとなるので注意が必要です。

シロアリ駆除で確定申告!必要書類や手続き方法は?

シロアリ駆除でかかった費用を雑損控除として控除してもらうためには、確定申告による手続きが必要です。確定申告書に雑損控除の対象となる金額を記載するとともに、シロアリ駆除にかかった費用の領収書を添付してお住まいの地域を管轄する税務署に提出する必要があります。
また、給与所得がある方については、確定申告書の作成時に源泉徴収票が必要となるので、あらかじめ準備しておきましょう。

確定申告でシロアリ駆除費用はいくら返ってくる?

シロアリ駆除でかかった費用を雑損控除する場合、次のうち大きい方の金額が控除の対象となります。

  1. 1 (差引損失額)-(総所得金額等)×10%
  2. 2 (差引損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円

それでは、具体的にどのくらいの金額が返ってくるのか、シュミレーションしてみましょう。

シロアリ駆除の確定申告シミュレーション

ミナトでは、シロアリの駆除費用は1平米あたり1,000円〜となっています。30坪の一軒家でシロアリ駆除にかかる費用の最低金額を計算すると、

1,000円×99.17m2=99,170円

この通り、約10万円となります。
例えば、シロアリ駆除の費用が10万円、シロアリ被害受けた建物の修繕費用に20万円かかったとして、総所得金額が300万円の場合、雑損控除の対象となる金額は次ように求められます。

  1. 1 (10万円+20万円)-300万円×10%=0円
  2. 2 (10万円+20万円)-5万円=25万円

この場合、2.の方が金額が大きいので、25万円が雑損控除として控除されます。
課税される所得金額の合計金額から、所得税率を10%として計算すると、

25万円×10%=25,000円

シロアリ駆除や建物の修繕でかかった費用を雑損控除として確定申告することで、25,000円の所得税が返ってくるということになります。

シロアリ予防費用は税金控除の対象外

生活に欠かせない建物がシロアリ被害を受けてしまった場合には、シロアリ駆除にかかった費用や建物の修繕費用が雑損控除の対象となります。ただし、シロアリによる被害を予防するためにかかった費用は、雑損控除の対象とはなりません。
とはいえ、シロアリによる被害を未然に防ぐことで修繕費用の節約には繋がりますので、「シロアリ予防をするよりもシロアリ駆除をした方がお得」とは言い切れません。シロアリ予防はしっかりと行っておくべきでしょう。

シロアリ駆除に補助金や保険金はある?

シロアリ駆除の費用を抑える方法として、確定申告で雑損控除の適用を受けることができることをご説明してきました。
さらに、自治体によってはシロアリ駆除に補助金を設けているケースもあるようです。例えば高知県香美市の害虫駆除補助金は、支払った額の1/2、1万円が限度額となっています。高知県香美市に納税している市民であり、かつ資格審査を受けている駆除業者を利用するのが補助金申請の条件です。まずはお住まいの自治体に問い合せてみましょう。
また、家財保険や地震保険などの保険金は、シロアリ被害は対象外となっています。現在のところ、個人が一般的に加入できる保険のなかに、シロアリ駆除費用を保証するものは無いようです。
ただし、シロアリ駆除業者の中には、駆除作業から一定期間内にシロアリが再発した場合には無償で駆除するという保証サービスを提供しているところもあります。ミナトでも、駆除完了後5年間は、無償で駆除施工をさせていただく保証サービスを提供しています。

最後に

シロアリ駆除費用の確定申告についてご紹介しました。シロアリ駆除の費用は雑損控除の対象となるため、シロアリ駆除によって費用がかかった場合は、確定申告を行うことで支払った所得税の一部が返ってくることがあるのです。シロアリ駆除の費用を少しでも抑えたいという方は、確定申告で雑損控除の制度を上手に活用することをおすすめします。
また、シロアリ駆除の費用や内容は業者によっても異なりますので、損をしないためにも見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。株式会社ミナトでは、シロアリ被害の調査や見積もりを無料で行なっております。プロのスタッフが隅々まで調査させていただきます。即日の調査依頼も受けつけておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。
http://minato-anshin.com/index.html


WEBフォームはこちら