ゴキブリに逃げられた場合はどうすればいい?ゴキブリが隠れそうな場所や対処法とは

駆除業者がキッチンの下をライトで照らしている様子
ゴキブリ

自宅の中でゴキブリを見つけても駆除できずに、逃げられたり、どこにいったか見失ってしまう場合もあるかと思います。また出現してこないか心配ですよね。寝室だとゆっくり寝ることもままならないでしょう。そこで今回はゴキブリを見失った場合の対策方法と、簡単にできる自宅にゴキブリを寄せ付けないための方法をご紹介します。

目次

  1. ゴキブリに逃げられた!見失った場合の対処法
  2. ゴキブリが嫌いな匂いで対策する
  3. ゴキブリは真冬と真夏が苦手
  4. ゴキブリは洗剤が苦手
  5. 最後に

ゴキブリに逃げられた!見失った場合の対処法

ゴキブリが逃げた場所が分かる場合は殺虫剤で退治します。ゴキブリを見失ってどこにいったか分からない場合は、ゴキブリが逃げでいった場所を探しましょう。
ゴキブリは基本的にに隙間など暗くてジメジメした場所に身を潜めています。ゴキブリを発見した場所も踏まえつつ、以下のような場所を確認してみましょう。

リビング、部屋

自宅の居住スペースにてゴキブリを発見して見失った場合は、まず大体の逃げ出した方向を追ってその付近に殺虫剤を噴射しましょう。逃げ出した方向が角や隙間がなくそれ以上に逃げることができない場所だと、殺虫剤をかけられて弱ったゴキブリはそのまま息絶えて絶命するか、命からがら明るいところにひょこっと出てくる事もあります。ライトを照らして見える場所だと居るかどうか確認できるのでちょっと怖いですが必ず確認しましょう。どこに逃げていったかわからなくなってしまった場合には、徹底的に調べましょう。動かせるものは動かして、動かせないものには隠れていそうな場所に殺虫剤などを噴射し必ずダメージを与えましょう。最近のゴキブリなどの害虫専用に作られた殺虫剤はとても強力で少量でも絶命させたりダメージを負わせることができます。

キッチン、風呂場、水回り

一番ゴキブリの出没回数が多いのが水回り付近ではないでしょうか。湿度やエサとなる生ごみなどがあり、隠れる為に身を潜める環境が揃っているキッチン周りはゴキブリにとって絶好の住処になります。水回りでゴキブリを見つけて見失った場合でも居住スペース同様に殺虫剤を使用しましょう。キッチン道具やコップやお皿などずらせるものは移動し逃げる場所を作らせないのがポイントです。少しの隙間でもあれば逃げることができるので水回りのような場所では隠れやすくなってしまいますので完璧に駆除できるかは難しいですが、常日頃から清潔と整頓を心がけゴキブリを寄せ付けないよう心がけましょう。

玄関、庭

外との出入りがしやすい場所、庭や外壁などでゴキブリを発見し、見失ってしまった場合は闇雲に殺虫剤をふりまいても、屋外なのであたりまえですが効果が薄くなります。まず、このような場所ではどこに行ってしまったかを追跡することは難しいでしょうからブラックキャップなどの忌避剤で罠を仕掛けたり、ミントや柑橘系の害虫予防の液体を設置しておく事くらいしかできません。逆に屋外との出入口付近にこのような予防対策をしてしまうと室内のゴキブリが外に出れずに室内に留まってしまう事もありますので、屋外との出入口付近に置く場合は注意が必要です。ではゴキブリが苦手な匂いや嫌いなものはなにがあるのでしょうか?これを抑えておくことで予防や対策につながります。

ゴキブリが嫌いな匂いで対策する

ハーブの家庭菜園
ゴキブリは柑橘系の強いにおいが苦手です。特にオレンジやレモンに含まれている「dーリモネン」という成分はゴキブリに対して有害に働きますので、水にレモンを数滴含ませた液体をゴキブリにかけるだけでも効果はありますし、予防のために玄関やキッチン周りに吹きかけてみるのもよいでしょう。またハーブの清涼感ある匂いもゴキブリは苦手です。ハーブ類をガーデニングとして栽培したり部屋の中に置いておくのはとても効果的です。またハーブの匂いでリラックスできる事もオススメしたいですね。また、ハーブの種類によってはゴキブリの好きな匂いもあるので以下で解説していきます。

ミント

古くはハッカとしても古来から使われておりガムやアイスなんかにも使用されているポピュラーなハーブです。ミントには様々な種類がありゴキブリが苦手なのはブラックペパーミント、スペアミント、シトラスグリーンミント等の清涼感あるスーとした香りですが、逆にゴキブリが好きな甘いにおいを発するアップルミントやパイナップルミントなどもありますので選ぶ際にはご注意を。

ラベンダー

ハーブ界の女王とも呼ばれる皆が知っているハーブですね。ラベンダーの中にもイングリッシュ、フレンチ等様々な種類がありますがどれもゴキブリが苦手な芳香剤の香りで虫よけにも最適です。

セージ

セージにも種類があり、コモンセージやホワイトセージは古い漢方や薬草の独特な匂いがして害虫に効果的ですが、パイナップルセージ、アップルセージ。チェリーセージは甘い果物のような香りのためゴキブリ予防には向いていません。

バジル

食用として広く浸透しているハーブです。育てやすく様々な料理にも使え害虫予防にもなるのでとてもオススメです。

レモンマートル

レモンといえばレモングラスがハーブの種類としては有名ですが、レモングラスは茎を折らなければ香りが出ないためゴキブリ予防には向いていません。その点このレモンマートルはレモンの香りが非常に強く、癒しのハーブとしても大変人気となっています。

ゴキブリは真冬と真夏が苦手

ジメジメと湿度のある環境を好むゴキブリは時期でいうと5月~7月、9月~11月という初夏、初冬の時期に行動が活発になります。気温でいうと20℃~30℃ぐらいです。30℃以上もしくは20℃以下の気温でも行動は少なくなります。苦手な環境としては乾燥も苦手です。部屋などの窓を開けたりする事よりもエアコンで除湿設定にして17℃前後のドライな空間を保つことができればゴキブリは近寄らなくなる傾向があります。部屋以外の水回りではエアコンなどを使うことは難しいでしょうが、除湿器などで乾燥した空間を作ることを意識しましょう。カビや菌の増殖を防ぐためにもオススメです。

ゴキブリは洗剤が苦手

昆虫は人間のように口から息を吸って肺で呼吸をするような構造にはなっていなく、身体中に気門という無数の穴がありそこから空気を取り込んで生きています。この気門は体中をコーティングしてあるため水や液体などは入ってこなくなっています。ゴキブリが黒光りしているのもこのコーティングの為です。通常はこのコーティングで体を守っているのですが、洗剤はそのコーティングをはがしてゴキブリを窒息死させる事ができます。同じように効果が期待できるのがアルコールです。アルコールも洗剤と同じようにコーティングをはがし体の中にアルコールが入っていくのでゴキブリは呼吸困難で窒息してしまいます。アルコール度数は50度ぐらいでよく、テキーラやウォッカなどが48度ほどになります。アルコールが体にかかると息をするための気門が塞がってしまい窒息します。

最後に

今回はゴキブリが逃げた場合の対策やゴキブリの苦手なあれこれについてお伝えしました。家の中でゴキブリを見失った場合などはとても不安ですよね。2mmの隙間があればどこにでも逃げ込めるのでなかなか見つけたりするのも困難です。その為にも常日頃からゴミなどは溜めずに、キッチン周りや水回りを清潔にしておく事がとても重要です。それでも梅雨の時期などでは完璧に防ぐことは難しいですが、人間にとって住みやすくゴキブリにとって住みにくい環境を作っていきましょう。

株式会社ミナトはゴキブリをはじめとした害虫駆除のプロです。すぐにゴキブリの駆除を行いたいけれど、自分では駆除をするのが難しい、どう掃除をしたらいいのか分からない、というときはぜひお気軽にご相談ください。株式会社ミナトでは、ゴキブリの駆除だけではなく、ゴキブリが侵入しない対策まで行います。

関連記事 こちらも記事もおすすめ